湯沢町長選に出馬表明 現職田村町長3選へ

湯沢町の田村正幸町長(70)は6月14日の町議会定例会の一般質問で、任期満了に伴う同町長選挙(11月23日告示、28日投開票)に3選をめざし、立候補する意向を表明した。田村氏は町職員、町議4期を経て、2013年町長選に出馬し、当時の現職との一騎打ちを制して初当選した。17年町長選では無投票で再選している。
初出馬の選挙で公約として掲げた8項目(観光産業の基盤整備、企業・産業育成、企業・起業誘致、若者人口増加、子育て支援、健康な暮らし、安心安全な暮らし、行財政改革)は、政策集として「開花八策」と名付けている。同期生(六日町高校卒業21期生)有志は南魚沼市五日町在住の書家で同期生の佐藤海雲さんに依頼し「開花八策」と揮毫(きごう)した書を当選祝いとして贈ってくれた。
田村町長は18日、本紙インタビューに「高校の同期生とは今も親交があり、友だちには感謝している。『観光立町宣言・湯沢町、君と一緒に暮らす町』をブランドスローガンとする湯沢町がコロナ禍で一番にしなければならない事は、ワクチン接種であり、町民の命と暮らしを守る。感染防止制度を設けることが重要と考える。全国に安心安全の湯沢町をアピールし多くの観光客を迎え、湯沢の経済を取り戻していくことが3期目の仕事と考えている」と話した。

高校時代の同期生から贈られた書「開花八策」と田村町長