一緒にさくらを植樹しませんか           5月25日正午から関興寺で

株式会社伊藤園が全国で行っている桜の植樹・保全活動「わたしの街の未来の桜プロジェクト」で、南魚沼市上野の関興寺が選ばれ、5月25日に桜の植樹祭が開かれる。

株式会社伊藤園(本庄大介社長)では、2019年2月に「お~いお茶」発売30周年を迎えたことを記念し、「日本の春の象徴として古来より愛されてきた桜を未来につなぎ、咲かせ続けたい」という願いを込めて、公益財団法人日本さくらの会と協同して全国で桜の植樹・保全活動を行っている。

関興寺の杉岡住職の後輩である神奈川県伊勢原市の能満寺、松本隆行住職は「桜プロジェクト」に協力しているコメディアン、萩本欽一さんと駒澤大学の学友でもあることから、萩本さんにもぜひ、おいしい南魚沼のお米(関興寺米)を食べていただきたい」と、能満寺住職を通じて萩本さんに届けられ、萩本さんが関興寺米のおいしさに感動。「ぜひ今度、関興寺で植樹を」と植樹が実現した。

杉岡住職は「関興寺では、境内に広がる『花岡山を桜と紅葉の美しい里山にする活動』を行なっています。地域の皆さまに長く愛される里山となるよう今後も南魚沼市、地域の皆様の協力を得ながら整備を進めて参りますので25日の植樹祭にぜひ、お越し下さい」と話している。

植樹祭は正午〜お茶の振る舞い、午後1時〜薄根ふるさと太鼓のパフォーマンスで始まり、2時〜セレモニーに続き伊藤園、林茂男市長、市観光協会長らがシダレザクラを植樹し、一般参加者がソメイヨシノを植樹する。2時30分〜坐禅体験(50人まで・「お~いお茶」のプレゼントあり)も行われる。また、来場者に「関興寺米」おにぎり、味噌なめたか…の「関興寺汁」が振る舞われる。

問い合わせは、関興寺(南魚沼市上野267 電話025−783−2111)。

(雪国新聞 5月10日掲載)

「中井菜央写真展 雪からはじまる」

トミオカホワイト美術館・鈴木牧之記念館 合同開催             「中井菜央写真展 雪からはじまる」                   滋賀県出身の中井菜央は、新潟の湿った重い雪が作り出す風景や人々の生活に惹かれ、雪国に身を置き撮影。この度、そこで生まれた作品が雪の元へ。本展は、南魚沼市トミオカホワイト美術館と鈴木牧之記念館で合同開催する。二つの会場とそのあいだに広がる実風景、すべてがこの地の雪を介し、ひとつに響きあう

|南魚沼市トミオカホワイト美術館|
中井菜央作品 「雪の刻」シリーズ34点、「流れる(新作動画)」

⚫︎ギャラリートーク                            中井 菜央10月22日(日)14:00-15:00  申込不要・要入館料

⚫︎同時開催:富岡惣一郎 雪に魅せられて

|鈴木牧之記念館|
中井菜央作品 「破れる風景」シリーズ17点、「降る(動画)」

⚫︎トークイベント                            平間 至×中井 菜央 11月4日(土)15:30-17:00 定員30名            要申込み・要入館料 鈴木牧之の『北越雪譜』の世界観の中で展示

(鈴木牧之記念館 TEL025-782-9860) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南魚沼市トミオカホワイト美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フォークライブVol.11 魚沼フォーク倶楽部

「魚沼フォーク倶楽部(UFC)」主催によるフォークライブVol.11”9/17() 「魚沼市小出郷文化会館小ホール」で開催。今回は、4組のベテランアーティストによる懐かしい曲をタップリ披露。(チケットは、UFCメンバー又は小出郷文化会館にて販売中!)