思いきり楽しんで走る日のために 南魚沼市新堀の 今井清隆さん

思いっきり走れる日を願い、練習に汗を流す今井さん

南魚沼市新堀の介護士、今井清隆さん(37)は、新型コロナウイルスのためにほとんどの大会が中止になっている今、3密を避けながら適切な距離を取り、人とすれ違う際はマスクやフェイスカバーで口や鼻を覆うなどの工夫しながら1人で練習に励んでいる。
今井さんは、東京マラソン出場や全国のウルトラマラソンなどで優勝や入賞もしており、地域でも多くの市民やランナーにも知られている。4月からは、R×Lウルトラマラソン特派員第1期生(全国で4人のうちの1人)としても活動している。特派員は、世界で特許を取得している超立体ソックスやランニンググッズ、ウェアなどを取り扱うR×L(アールエル)の商品を着用して大会に出場し、そのレースの様子や日頃の練習の様子などをレポートし、全国のランニング愛好家に発信するもの。
また、10月18日に予定されている県駅伝競走大会(長岡〜新潟)には、南魚沼・湯沢チームの石田孝之監督からも出場を期待されており、今井さんも「個人の大会ではないので選手として走るか、サポートとなるかはその時のチームの状況次第。大会が開催され、走れる際は応援よろしくお願いします」と笑顔で話す。今日も忙しい仕事の合間をみて自己ベスト更新を目指して走り続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です