買い物で地域のボランティアを支援 「「幸せの黄色いレシート」キャンペーン

毎月11日、買い物客が支援したい団体のBOXにレシートを投函

南魚沼市余川のイオン六日町店と同友店会(塩谷成一会長)は毎年、地域のボランティアへの貢献活動のひとつとして「幸せの黄色いレシートキャンペーン」を行っている。イオンでは、「イオンデー」と名付け毎月11日、地域で活動するボランティア団体名と活動内容を表示した「投函ボックス」=写真=が店内に設置され、同日はレシートが黄色いレシートに変更され、買い物客が応援したいボランティア団体のボックスに黄色いレシートを投函(投票)し、投函されたレシートの合計金額の1㌫に相当する品を各団体に寄贈している。
贈呈式は毎年、イオン六日町店恒例の「ゴールデンウィークイベント」(5月3日、4日の2日間)に合わせて専門店館前駐車場で開催され、2日目には、南魚沼市長を招き各団体代表らが出席して行われている。今年は、新型コロナウイルスの影響でイベントや贈呈式も中止となった。 今年度(2019年度)の支援団体は15団体で投函金額合計は3108万円でその1㌫(贈呈額)の31万800円が贈呈された。なお今年の最高贈呈額は、「魚沼アニマルサポート」(笛木美帆子代表)の4万8100円。同団体は、「新しい飼い主さん募集会(譲渡会)」をイオン六日町店ほかで開いており、笛木代表は「新型コロナウィルス対策で現在は特定の会場で譲渡会は当面の間は自粛し、里親募集は魚沼アニマルサポート(https://uas.localinfo.jp)で対応。『最後まで一緒に生活出来る家族へ』1匹でも多く出会って欲しいので、里親募集ページをご確認してください」と呼びかけている。なお、今年は同店サービスカウンターで各団体に贈呈金額のギフトカードが贈られる。
イオン六日町店の下田綾店長は「連休中は外出もできない状況だが家庭で料理作り、お菓子作りのための材料や家族で楽しむためのボードゲームやジグソーパズルなど家で過ごすための商品が人気となっている。イオンはこんな時こそ地域の皆様のためにも頑張りたい」と話している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です