感染防止や宿泊客確保について意見交換 「第2回安心衛生サミット開催」

「笑顔でこの状況を乗り越えよう」と参加者に呼びかける小野澤理事長=ほてる木の芽坂

塩沢信用組合は6月11日、地域の旅館など宿泊業者15社が参加し、新型コロナの感染防止対策や今後の活動戦略について話う第2回目の「宿泊業者の安全衛生サミット」を南魚沼市六日町のほてる木の芽坂で開いた。
塩沢信用組合の小野澤一成理事長は「事業者の資金を全力で支援させていただく。厳しい状況だが未来に視線を向け笑顔でこの状況を乗り越えましょう」と述べ。会場のほてる木の芽坂で実施している「衛生メニュー」をスライドで紹介したほか参加各社が取り組んでいる感染防止対策や課題について意見交換が行われた。参加者からは「日帰り入浴の利用時間短縮や食事時は仕切りの設置」などの対策に取り組んでいるが「どこまで感染対策を行えばいいのか悩んでいる」「県外客を中心なので県外からの誘客は厳しい状況がつづいている」「安心してきていただくためにも官民一体で安全安心の施設をアピールしてほしい」などの意見がでた。南魚沼市五日町のいろは亭、中澤一博さん(66)は「これだけコロナの影響が長引くと行き着くところは資金繰りしかない。小野澤理事長から『全面的に支援していく』とのことばに感謝している」と話していた。
同信組では今後も、サミットを定期的に開催する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です