池田家当主が講演会を開催

三俣の旧本陣「池田家」の18代当主、池田誠司さん(74)が雪国館で講演を行った。テーマは「三国街道 三国峠の戦い」。町内外から約40人が参加した。
講演の中で池田さんが協力を願い出ると、2人の参加者が手をあげた。池田さんの願いは、三俣宿が焼き払われなかった説について、そのやりとりを再現したいということ。池田さんが用意した原稿を2人が読み上げ、
「この村を救うためには、たとえわが身は打首、八つ裂きなろうとも心残りはございません。どうしても火をつけるというのであれば、まずこの首を打ち落としてから」と原稿を読むと、もうひとりが「あいわかった」と答え、会場からは拍手が上がった。
終了後、池田さんは「やりとりの再現で会場が盛り上がったのを見て嬉しかった。やってよかったと思った。予想以上に多くの方から来てもらえて感謝している」と話していた。
湯沢町一之町の南雲良正さん(84)は「劇場型でやってみたのが面白かった。池田さんは本当によく勉強されたなあと思う」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です